恵比寿ソーシャル映画祭vol.3が開催されます。

【資本主義の教養学(資本主義研究会)×恵比寿ソーシャル映画祭の合同企画!映画「幸せの経済学」を上映します】

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、グローバルエンゲージメント研修の開発やGEI有志会の開催等、社会的を課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを4月より開始しました。今回Vol.3では資本主義の教養学(資本主義研究会)(https://goo.gl/wxvqzo)と恵比寿ソーシャル映画祭の合同企画で、「幸せの経済学」を上映します!

続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭vol.2が開催されます。

【『ジェンダー・マリアージュ』映画上映会×トークショー松中権さん(認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ 代表)を招いて】

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、GEI有志会やGIAプログラム等、社会的を課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを4月より開始しました。今回は、Vol.2として「ジェンダー・マリアージュ」を上映します。

続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭Vol.1映画「HAFU」上映レポート

恵比寿ソーシャル映画祭の企画・運営をしている千葉です。
先日色々な方の協力を得てVol.1HAFUを上映することが出来ました!ご協力いただいたみなさまに心より御礼申し上げます。今回参加出来なかった皆さまにも当日がどんな様子だったのか、少しでも伝えられればと思い、以下にレポートします。 続きを読む

グローバル・エンゲージメントで世界を変える!

グローバル・エンゲージメントで世界を変える!
日本のメーカーがアフリカの子供たちの命を救った
元住友化学事業部長がアフリカで事業を立ち上げるまで

PFCでは今年から本格的にグローバル・エンゲージメントに関する研究や研修、情報発信、交流会などに取り組んでいます。グローバル・エンゲージメントの定義は「企業が持続的成長を果たすために、地球的課題について様々なステークホルダーと対話・協働して共創すること」です。PFCでは、社会の健全な発展のため、そして自社の事業の成長のためにも、グローバル・エンゲージメントはこれからの企業が取り組むべき最重要課題のひとつであると考えています。 続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭が開催されます

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。これまでPFCのソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発、CSR方針の策定などに携わってきました。一方で、個人としても小さくても出来ることから始めたいと考え、色々な方と話をしているうちに、たくさんの方の協力をいただいて恵比寿ソーシャル映画祭を開催出来ることになりました。4月26日の第1回上映映画は「ハーフ」。上映後はハーフであることを自らの個性と捉え、ガーナと日本の架け橋になるべく活動している矢野デイビットさんをゲストに迎えたトークセッションも行います。ダイバーシティ、多文化、ガーナ等のキーワードに興味が持たれた方はぜひご参加ください(千葉)

ハーフ上映

続きを読む

企業の力でグローバル社会をより良くする!〜住友化学の元事業部長はどうやって50万人のタンザニア人を救ったのか?

毎年3.5~5億人が発症し、100万人以上が死に至っていたマラリア。エイズと並び国連ミレニアム開発目標(MDGs)の一つに挙げられていました。

このような状況に対し、家庭用殺虫剤の原料で世界トップシェアを誇る住友化学は、1992年に「オリセット®ネット」という防虫網戸を開発。アフリカのタンザニアで現地生産体制を実現するためのパートナーシップを構築し、2003年9月から生産開始した結果、わずか1年後の2004年には30万張りを生産することに成功。2010年8月現在では7000人の社員に対して雇用機会するに至りました。 続きを読む

CSR活動・2015年度の寄付活動に関する報告「特定非営利活動法人ジェン(JEN)」

木山啓子氏とPFC代表取締役松村卓朗

PFCではCSR方針に基づき売上高の1%を「世界平和と子供達の幸福のために捧げる」活動を行っています。本日は特定非営利活動法人ジェン(JEN)事務局長の木山啓子さんが、2015年度のPFCからの寄付に対する感謝状を届けに弊社までお越し下さいました。

続きを読む