日本企業はチームワークが得意?不得意?〜グローバルODハンドブックより

「日本人はチームワークがいい」と言われてきた。しかし、「日本企業のチームワークがいい」のは、あくまでも国内の均質性の高いチーム内での話だ。様々な国からメンバーが集まる「グローバルチーム」に求められるのは、多様性の高い組織の中でのチームワークであり、日本国内での均質性の高いチームとは全く別物と捉えるべきだろう。グローバルチームにおいては、一言で言えば、「和」を以って尊しとなすのではなく、むしろ「異」を以って尊しとする、というような視点や姿勢の転換が必要だ。 続きを読む

PFC Asia Pacific から〜フィリピンなど10カ国以上でコーチング研修を展開中

ジョイ

講師のJoanna Ycasiano-Dejos

フィリピンで、グローバルに拠点をもつ大手米国企業の現地リーダー育成のお手伝いをしました。

・現地で優秀な人材を採用し、つなぎとめることで部下のモチベーションを維持し、パフォーマンスを向上させたい。
・部下の改善点ばかりを指摘するのではなく、「こうすればあなたのキャリア構築に必要な○○スキルをアップできます」といった観点から部下を指導することで、部下のモチベーションやパフォーマンスを向上させたい。 続きを読む

「グローバル組織開発(グローバルOD)の5つの視点」をぜひお読みください!

雑誌「人事マネジメント」に連載の「グローバル組織開発(グローバルOD)の5つの視点」、もうお読みになられたでしょうか? 六回分のPDFを下記にてダウンロードして頂けます(各4ページ)。
グローバルな組織開発を目指す皆様、ぜひご一読を!

第1章:グローバル組織開発とは
第2章:グローバルTeamを作り運営する
第3章:グローバルValuesを浸透する
第4章 :  グローバルDiversityを受け入れ活かす
第5章: グローバルChangeを推進する
第6章:グローバルLeaderになる 育てる

ASTD2014: NASA Goddard Space Flight Center’s Integrated Approach to Leadership Development

(株)ピープルフォーカス・コンサルティング主催の「ジャンゴと行くASTD2014」報告会レポートから、いくつかのセッションに関するメモをご紹介します。
***********************

スピーカー: Mike Marshall Leadership Program Manager

NASAのゴダード宇宙センターにおけるリーダーシップ開発の統合的アプローチの紹介
印象的なのは、リーダーシップ開発のアプローチ。 続きを読む

ASTD2014: Learning Transfer : The two critical questions that determine training’s effectiveness

(株)ピープルフォーカス・コンサルティング主催の「ジャンゴと行くASTD2014」報告会レポートから、いくつかのセッションに関するメモをご紹介します。
***********************

スピーカー: Andy Jefferson CEO, 6Ds Company Roy Pollock CLO

学習はイベントではなくビジネス結果に向けてのプロセスである。大切なクラスルームの満足度ではなく、如何に行動に移し、ビジネスの結果に結びつけるか。そのためには研修をどうデザインすればよいのか。大事な視点として学習者が2つの問に答えられるようになっていること。 続きを読む

ASTD2014: The Critical Factor for Creating Customer Service Initiatives

(株)ピープルフォーカス・コンサルティング主催の「ジャンゴと行くASTD2014」報告会レポートから、いくつかのセッションに関するメモをご紹介します。
***********************

スピーカー: Ken Blanchard

レジェンドスピーカーであるケン・ブランチャードが今年は顧客の感動を生み出すリーダーの振る舞いについて3つのポイントについて語った。 続きを読む

ASTD2014: The Neuroscience of Learning

(株)ピープルフォーカス・コンサルティング主催の「ジャンゴと行くASTD2014」報告会レポートから、いくつかのセッションに関するメモをご紹介します。
***********************

スピーカー: Josh Davis, Neuro Leadership Institute

学習の定着を促進するためにいかに神経科学を活用するかについてAGESモデルベースに語られた。 続きを読む