スポーツは、もっと世界の社会問題解決に貢献できる(GEI有志会レポート)

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発(松村卓朗)第53回】
スポーツはNGOも国家権力も越えて、もっと世界の社会問題解決に貢献できる~FIFAコンサルタント・杉原氏とFIFA紛争解決室仲裁人・山崎氏とのセッション

つい先日、グローバル・エンゲージメント・イニシアチブ(GEI)有志会が開かれた。

前々回の稿(予告編)で案内したように、今回のテーマは、「スポーツは、NGOも国家権力も越えて、もっと世界の社会問題解決に貢献できる」というものだ。今回の稿で、内容の概略を共有したい。 続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭vol.2が開催されます。

【『ジェンダー・マリアージュ』映画上映会×トークショー松中権さん(認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ 代表)を招いて】

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。ソーシャル事業では、GEI有志会やGIAプログラム等、社会的を課題をテーマにした取り組みを行っています。そして、さらにその一環として社会派ドキュメンタリー映画を上映し対話する取り組みを4月より開始しました。今回は、Vol.2として「ジェンダー・マリアージュ」を上映します。

続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭Vol.1映画「HAFU」上映レポート

恵比寿ソーシャル映画祭の企画・運営をしている千葉です。
先日色々な方の協力を得てVol.1HAFUを上映することが出来ました!ご協力いただいたみなさまに心より御礼申し上げます。今回参加出来なかった皆さまにも当日がどんな様子だったのか、少しでも伝えられればと思い、以下にレポートします。 続きを読む

【サッカーから学ぶ組織開発・人材開発:松村卓朗】第52回:サッカーはNPOも国家権力も越えて、もっと世界の社会問題解決に貢献できる ~FIFAコンサルタント・杉原氏とFIFA紛争解決室仲裁人・山崎氏とのセッション(予告編)~

昨年末から今年にかけて、2人の“グローバルなサッカー人”との出会いがあった。2人とも現在FIFA(国際サッカー連盟)に携わっている人で、世界のサッカーの環境づくりをリードしている人と言っても過言ではないだろう。
1人は杉原海太さん。現在東京の下町に住みながら、世界に10人しかいないFIFAコンサルタントとして世界を舞台に活躍している。元日本代表キャプテンの宮本恒靖さんが留学したことで有名になったFIFAマスター(スイスにある大学院)を、10年前に卒業した。その後マレーシアに本部のあるアジアサッカー連盟での職を経て、現在は、スイスのFIFAに所属している。本部から依頼の電話がかかって来ては、世界中の各国のサッカー協会に出向き、その国のマーケティング戦略の立案や、オペレーションプロセスの効率化などの案件を引き受けているという。
ご本人によれば、33歳でFIFAマスターに留学するまで日本から一歩も出たことがなく、英語も話せなかったらしいので、典型的な日本人が目指すべきグローバルリーダーの姿としても、モデルとして大変に参考になる興味深い経歴をお持ちの方だ。
続きを読む

恵比寿ソーシャル映画祭が開催されます

PFCのソーシャル事業担当の千葉達也です。これまでPFCのソーシャル事業では、グローバル・エンゲージメント研修の開発、CSR方針の策定などに携わってきました。一方で、個人としても小さくても出来ることから始めたいと考え、色々な方と話をしているうちに、たくさんの方の協力をいただいて恵比寿ソーシャル映画祭を開催出来ることになりました。4月26日の第1回上映映画は「ハーフ」。上映後はハーフであることを自らの個性と捉え、ガーナと日本の架け橋になるべく活動している矢野デイビットさんをゲストに迎えたトークセッションも行います。ダイバーシティ、多文化、ガーナ等のキーワードに興味が持たれた方はぜひご参加ください(千葉)

ハーフ上映

続きを読む

特例子会社における障がい者の活躍推進~事例:リクルートオフィスサポート~

PFCの研究テーマの一つに「ダイバーシティ(多様性)」がある。ダイバーシティとは、組織に異質な人材を取り込み、新たな競争力を生み出すための取り組みであり、ダイバーシティ推進のためのアプローチは大きく次の3つに分けられる。 続きを読む