グローバル・エンゲージメント大阪セミナー

「グローバル・エンゲージメント」について学んでみませんか?

「グローバル・エンゲージメント」とは、「企業が持続的成長を果たすために、地球的課題の解決について様々なステークホルダーと対話・協働して共創すること」を意味しています。PFCでは、グローバル組織開発および次世代経営リーダー育成の次なる重要テーマとしてこのグローバル・エンゲージメントを位置づけ、今回いち早く大阪にてグローバル・エンゲージメント・セミナーを開催いたします。

当日は、
・グローバル・エンゲージメントの考え方や具体的事例のご紹介
・ 渋澤健氏(コモンズ投信株式会社会長)講演:「『論語と算盤』に記された渋澤栄一の教えを、現代のコンテクストでどう活用できるか」
・水野達男氏(マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事・前住友化学ベクターコントロール事業部 事業部長)講演
:住友化学在職時に、マラリアの予防と住友化学への利益創出の両方を実現された取り組みについてお話し頂きます。
・参加者全員での意見交換:
これからの経営への必要性や可能性について意見交換
のような内容で行ないます。(変更になる場合があります。あらかじめご了承下さい。)

【日 時】2016年5 月11日(水)14:30~17:30(14:00開場)

【会 場】梅田茶屋町アプローズタワー 1・2号室
大阪市北区茶屋町19-19 Tel.06-6377-5577
地図はこちら

【スピーカー】
・ 渋澤 健氏:コモンズ投信株式会社会長
「『論語と算盤』に記された渋澤栄一の教えを、現代のコンテクストでどう活用できるか」
shibusawa_o

<略歴>
1983年テキサス大学化学工学部卒業。1987年UCLA大学MBA経営大学院卒業。米系投資銀行で外債、国債、為替、株式およびデリバティブのマーケット業務に携わり、1996年に米大手ヘッジファンドに入社、アジア時間帯トレーディングを担当、1997年東京駐在員事務所設立。2001年シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業し、代表取締役に就任。2007年コモンズ株式会社を設立(2008年コモンズ投信へ改名し、会長に就任)。

 

・水野達男氏(マラリア・ノーモア・ジャパン専務理事・前住友化学ベクターコントロール事業部 事業部長)51w16ougvKL._SX338_BO1,204,203,200_
住友化学在職時に、マラリアの予防と住友化学への利益創出の両方を実現された取り組みについてお話し頂きます。

<略歴>
1979年北海道大学農学部卒業後、レインボー薬品株式会社 常務取締役 開発部長を経て、2007年に住友化学株式会社生活環境事業部ベクターコントロール部長に就任。2008年より、マラリア他感染症対策用の製品の研究・開発、製造、ならびに販売を統括するベクターコントロール(媒介害虫制御)事業の事業部長。
現在はNPO法人Malaria No More Japan(マラリア・ノーモア・ジャパン)の専務理事・事務局長を務める。

【ファシリテーター】
kuroda黒田 由貴子:(株)ピープルフォーカス・コンサルティング ファウンダー
<略歴>
慶応義塾大学経済学部卒業。米国ハーバードビジネススクールにて経営学修士(MBA)取得。ソニー(株)にて海外マーケティング業務に従事。その後、米系 大手経営コンサルティング会社のシニア・コンサルタントとして各国大手企業の経営陣のためのコンサルティング活動を行なう。
1994年に株式会社ピープルフォーカス・コンサルティングを創業。2012年3月まで代表取締役を務める。

【参加費】10,000円(税別)/お一人

【定 員】30名

【お申込】こちらのフォーム、またはEメール(pfc@peoplefocus.co.jp)にて承ります。

【主催】(株)ピープルフォーカス・コンサルティング

※グローバル・エンゲージメントについて詳細はグローバル・エンゲージメント・イニシアチブのサイトをご覧下さい。
※PFCのグローバル・エンゲージメント研修についてはこちらをご覧下さい。