人材開発の最先端を行く3人とは?〜ATD2016キーノートでのスピーカーをご紹介します。

ATD (Association for Talent Development)は、人材開発や組織開発の分野に従事する人のための世界最大の会員組織で、毎年開催されるカンファレンスでは、世界各国から1万人近い参加者が集います。毎年注目が集まる基調講演の今年のスピーカーをご紹介しましょう。

■ Simon Sinek
WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う』等の著者としても知られるベストセラー作家。優れたリーダーに共通する思考・行動・コミュニケーションのパターンについての研究結果などは、多くのリーダーたちを魅了。

■ Brené Brown
ヒューストン大学大学院教授。『ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 』『本当の勇気は「弱さ」を認めること』等の著者としても知られ、TEDトークでも2500万ビューを誇ります。

■ Jeremy Gutsche氏は毎月6000万ビューを誇るTrendHunter.comのCEOです。「人は変化に適応することで進化してきた」というJeremyは、コカコーラからソニーにいたるまで、300社以上に提供してきたイノベーティブなアプローチについて語ります。

基調講演について詳しく知りたい方はATD2016のサイト(英文)をご覧ください。

4日間に渡るATDカンファレンスは、上記の基調講演の他、400近いセッションがあり、まさに世界中の人材開発・組織開発の英知が結集される場です。悩みの種は、ひとりでは到底全部回りきれないし、そもそも数が多すぎて、何を見たらいいか途方にくれること。
ATDカンファレンスに10年以上継続参加しているPFCのメンバーと共に、組織開発や人材育成の最先端事例やプログラムを学びに行きませんか?
詳細はこちら