新興国で活躍するグローバルリーダーは自社も成長させる

日本人材ニュース273号「企業を成長させるリーダーの条件とリーダー確保のための取り組み・課題」に、PFC代表取締役松村卓朗のコメントが掲載されています。日本人材ニュース201510

企業の成長が日本国内を前提としなくなってから久しい。多くの日本企業の成長ステージは、すでにグローバルに舞台を移している。これから企業を成長させるリーダーは、グローバル、特に新興国でも活躍できるリーダーだ。グローバルリーダーは「より多様な価値観を理解できる」など、いくつか国内とは異なるリーダーシップの要素が求められる。
中でも私たちが注目しているのは、新興国で活躍するリーダーに求められる「(新興国の)社会に対し、本業を通じて貢献しよう」という意識だ。日本市場の飽和が理由での進出では、決して受け入れらないし、真の信頼や成長は手に入らない。成長は社会問題を解決した結果として起きる。新興国に山積する様々な問題に取り組むグローバルリーダーは、必ずや自社の成長を実現させるだろう。