海外に駐在するマネージャーはどんな壁に直面するのか?そして、その解決策は?

・現地で欲しい人材が採用できない
・現地で採用した人材が、期待通りの成果をあげられない
・採用した人材は、会社の処遇や評価に満足せず、やめてしまう

グローバル展開する企業の海外駐在リーダーのみなさんからよく聞かれる声の一例です。
海外では日本国内とはまた異なる苦労があり、その内容は国によっても違います。
PFCでは、この秋、グローバルな組織開発・人材開発を、現地駐在員の観点から考えるグローバルセミナーを中国で実施。


台湾ではコミュニケーションやリーダーシップに焦点をおいた「グローバル・ファシリテーションスキル研修 ~台湾でリーダーシップを発揮するには?~」を開催。現地スタッフを交えた会議の運営方法から、ミス・コミュニケーションや感情の行き違いを防ぐ為のちょっとした工夫までを、台湾出身のPFCコンサルタント、ジェーン・チェンが、豊富な事例と共にお伝えしました。

11月29日(金)には上海で「中国で成果を上げる組織を創る:タレントマネジメント セミナー」として採用・配置⇒育成⇒評価⇒処遇を一気通貫する人事理念の必要性と方法についてご紹介します。
https://pfcdays.wordpress.com/2013/10/21/shanghai/

同様の研修は、各国はもちろん、国内での赴任前研修としてのご提供も可能です。
内容に興味のある方はどうぞお気軽に pfc@peoplefocus.co.jp までお問い合わせください!