11月9日(金)公開セミナー 日中「新時代」の創造:今、人と組織のマネジメントに求められること 開催のお知らせ

国交正常化40周年という記念すべき年に、尖閣諸島の国有化に端を発して中国各地で起こった反日デモ。
両国の対話は継続的に行われていますが、問題の解決に向けては長期的な取り組みになることが予想されます。現在、多くの日本企業の皆様から今後の中国ビジネスについて不安の声が聞こえてきています。

「売上に影響が出始めていて、社員が動揺している」
「この状態はいつまで続くのか?」
「今後の中国ビジネスの展開について気をつけるべきことは何か?」
「今、中国人社員へどんなメッセージを伝えればよいか?」

本セミナーでは、中国と日本のビジネスに詳しいCHINAWAY代表の尹CEOを迎え、いま日中間で起こっている本当のこと、中国でビジネスを行う企業が考えるべきこと、取るべき対応等についてのレクチャー・パネルディスカッションおよび、参加者の皆様との対話を行います。

今こそわれわれ一人ひとりが、日中の違いを違いとして認め、大きな目標に向けて協働することが必要です。日中それぞれの見方、起こっている事実を多面的に且つ冷静に見ること、私たち一人ひとりが新しい日中関係を作る担い手あることを意識し、行動することが求められています。

【日時】 2012年11月9日(金) 14:00~17:00 (13:30受付開始)
【会場】リージャス 汐留ビルディング(港区海岸1-2-20 汐留ビルディング 3階) 
アクセス
【定員】30名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
【対象】中国ビジネスに携わっている方
【参加費】3,000円(消費税込)
【お申込み】こちらからどうぞ。

【スケジュール】※変更になる場合があります。
14:00- イントロダクション
14:15- 「日中新時代における人と組織のマネジメントに求められるもの」
     尹昌来(株式会社チャイナウェイCEO)
15:30- パネルディスカッション及び参加者との対話セッション: 
     尹昌来 (株式会社チャイナウェイCEO)
     松村卓朗(株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング代表取締役)
     安田太郎(同 シニアコンサルタント)
16:45 まとめ、名刺交換会

【講演者のご紹介】
尹 昌来 (イン チャンライ) 株式会社チャイナウェイ 代表取締役社長
1966年 中国吉林省長春市出身。45才。
1978年 吉林省長春外国語専門学校にて5年間、日本語の特訓教育を受ける
1987年 東北師範大学日本語学部を卒業
1988年 丸紅株式会社に入社し日本企業の中国進出サポート業務、特にパートナー選定、契約交渉において成果を上げる
1999年 同社を退職し、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科に入学
2001年 同大学院を卒業後、同年 中国で北京天正創智信息技術有限公司を設立。 総経理。
2002年 北京天正創智信息技術有限公司 東京事務所を設立
2006年  日本法人 株式会社チャイナウェイを登記設立。代表取締役社長
2009年 日中技術創新産業推進基地設立。事務局長就任。

株式会社チャイナウェイ
日本企業の中国進出・新規事業構築支援及びそのための市場調査を主事業とし、主なクライアントは、パナソニック、東芝、日立、三菱化学、住友電工等の大手企業及び経産省、JETRO、NEDOなど官公庁系機関。


【お申し込み・お問い合わせ】
◆ お申込みはこちらのフォームにて承ります。
※定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早目にお申込み下さい。
◆ お問合せはEメール pfc※peoplefocus.co.jp にて承ります。
(※を@に変えてお送りください)

【主催】
株式会社ピープルフォーカス・コンサルティング
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-12-8 ル・グラン原宿
株式会社チャイナウェイ
〒108-0075東京都港区港南4-1-6  ビュロー品川1513

11月9日(金)公開セミナー 日中「新時代」の創造:今、人と組織のマネジメントに求められること 開催のお知らせ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: レポート:企業活動を通じて社会を変革する「B to S・ソーシャルファシリテーター育成講座」 | PFC つれづれ

コメントは受け付けていません。