【山田奈緒子】多様性を強みに変えるチームコミュニケーション-正社員を刺激して成長させる

*************
このコラムは、山田奈緒子が日経情報ストラテジー2009年7月号から12号に掲載した記事をリライトしたもので、性別、文化、雇用形態等、様々なダイバーシティについて考察しています。
日本は、女性活用ひとつとっても、ダイバーシティ後進国です。女性がこれほどまでに活躍してないのは先進国の中で日本だけ。先進国以外でも女性の活躍はどんどん進んでおり、日本の国際的な競争力低下にも関わってくる問題です。ダイバーシティ推進は、企業の競争力を高めるだけでなく、少子高齢化の中で国家存続の問題への解決策のひとつにもなりえる切り札なのです。
*************
雇用形態が異なる社員で構成される職場のダイバーシティー・マネジメントは、非正規社員にモチベーションを与え、力を引き出すことだけを指すのではない。正社員を含めた職場全体が多様性を活用することこそ真の目的だ。
非正規社員が仕事に意味づけを見いだし、経験を積んで潜在能力を開花させるならば、正社員はその役割を問いただされる。元マクドナルドの田岡氏は「店長の仕事は店舗内の健全な場づくり」と話す。正社員にはより付加価値の高い仕事をするようはっぱをかけ。自分たちは何をすべきかを考えさせる。「あの人なんで正社員なの」と非正規社員が陰口をたたくようなチームは、ハイパフォーマンスたり得ない。