【山田奈緒子】多様性を強みに変えるチームコミュニケーションー非正規社員を戦力化 期待を示し視野を広げよ

********************
このコラムは、山田奈緒子が日経情報ストラテジー2009年7月号から12号に掲載した記事をリライトしたもので、性別、文化、雇用形態等、様々なダイバーシティについて考察しています。
日本は、女性活用ひとつとっても、ダイバーシティ後進国です。女性がこれほどまでに活躍してないのは先進国の中で日本だけ。先進国以外でも女性の活躍はどんどん進んでおり、日本の国際的な競争力低下にも関わってくる問題です。ダイバーシティ推進は、企業の競争力を高めるだけでなく、少子高齢化の中で国家存続の問題への解決策のひとつにもなりえる切り札なのです。
********************
2. 非正規社員を戦力化 期待を示し視野を広げよ
ここでは雇用形態の多様性に焦点をあてる。正社員と非正規社員で構成されるチームを円滑に運営し、大きな成果を引き出すために何が必要なのだろうか。
2-1 中核的な仕事の担い手となる
企業で働く人の3人に1人が非正規社員であり、正社員だけの職場の方が珍しい。金融危機以来、派遣切りの問題化等により、非正規社員の採用を控える例も見受けられる一方、コスト削減意識の高まりから、非正規社員をますます重要な戦力として位置づける企業も増えている。
特に顧客対応のフロントラインに非正規社員を登用する企業は多い。人材・組織開発コンサルティング会社ジェイシップ社長の田岡純一氏は、日本マクドナルドで店長、ハンバーガー大学副学長を務めた経歴の持ち主であるが、「お客様に対して最高のサービスを提供する強いチームを作るという意味では、正社員も非正規社員も区別はない」と言い切る。メンバー全員がバリューを共有したチームとなることが店作りの要であり、顧客と接する全員が日々どう判断し、行動するかが、企業のブランド形成を左右するというのが氏の持論だ。
とはいえ、正社員と非正規社員では仕事への動機付け要因が異なる。将来の地位や報酬をモチベーションの源泉にできる正社員に対し、アルバイトやパート社員には「なぜ今マックで働くのか」「将来は何をしたいのか。そのために現在のキャリアはどのように役立つのか」といった視点で問い続ける必要がある。田岡氏も店長時代は、「社員に対しては、店長になるために、非正規社員には『今の仕事が将来にどう役立つのか』という視点でコーチングしてきた」そうである。
雇用条件の違いをどのようにマネジメントして、強く健全なチームを作ればよいのだろうか。次回は、非正規社員をめぐるダイバーシティー・マネジメントの秘訣を探ってみる。