【鷲見健司】ケン・ブランチャード博士から~「日本のために祈ろう」

ブランチャードインターナショナル(ジャパン)鷲見健司
今回の地震で被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。
まず、今私にできるとして、ケン・ブランチャード博士からの日本の皆様へのメッセージをお届けさせていただきます。
震災の3日後の月曜日、計画停電開始の混乱の真っただ中、私は複雑な気持ちで米国へ旅立ちました。ケン・ブランチャード社の毎年恒例行事「クライアントサミット」に出席するためでした。
ケン・ブランチャード社は、SLII(R)の開発者であるケン・ブランチャード博士が創業、世界80カ国以上に事業展開しており、「クライアントサミット」の会場にはサウスウエスト航空、SAP、エリクソン、ホンダなど世界中から多数のクライアント様とパートナーが集まり、活況を呈していました。
そんな中、ブランチャード博士は私を見つけると、「困難の中を日本から本当に良く来てくれました。ご家族や皆様は大丈夫ですか?」と尋ね、まるで被災者をいたわたるようにあたたかく私を抱きしめてくれました。
敬虔な博士は「最近世界各地で深刻なことが起きています。これらを通じて神様が我々になにか大切なことを教えています。だから祈りましょう。私は祈りのなかで日本のことを何より一番に祈っています。」と語り、地震のため参加が叶わなかった日本のクライアント様に宛てて
「We’re praying for you all god bless & good luck 」
という自筆のメッセージを書き記してくれました。
また博士は、クライアントサミットの最後に「Lead with LUV(LOVE)」というテーマで講演をしました。その中で「愛の9つの構成要素」が紹介されました。
*******************************
■愛の9つの構成要素
* 1, Patience(忍耐)
* 2, Kindness(親切心)
* 3, Generosity(気前良さ)
* 4, Courtesy(礼節)
* 5, Humility(謙虚さ)
* 6, Unselfishness(他者愛の精神)
* 7, Good Temper(感情のコントロール)
* 8, Guilelessness(ずるさがないこと、正直さ)
* 9, Sincerity(誠実さ)
************************************
米国にいた私が感じたのは、これらの9つは、被災地はじめ東日本で今回の地震の影響を受けている皆様が世界に示している精神と重なるものがあるということでした。
CNNでは一日中日本のニュースが流れていますが、そのなかでレポーターがCultureという言葉を繰り返すのが耳に残りました。レポートでは、「今回日本では、これまで他地域で起きた店舗への襲撃や略奪行為や、口論、争いごとを起こさないで、実に冷静に落ち着き、秩序を保ち、互いに助け合って対応している。これは尊敬に値するものであり、これはまさに文化によるものである」としていました。
震災前にもGDPの3位転落が騒がれ、震災後はさらに悲観論が増す日本経済ですが、一方でMSN-JAPANに興味深いニュースが報じられていました。地震当日の日本人の様子を受けて中国のツイッターで、「(こうしたマナーの良さは)教育の結果。(日中の順位が逆転した)国内総生産(GDP)の規模だけで得られるものではない」「中国は50年後でも実現できない」などとつぶやかれており、地震の翌日12日時点でこのつぶやきは「7万回以上も転載」されていたとあります。
ここに非常に重要なメッセージが含まれていると思ったのは、組織における文化の形成や教育(人材の育成)というものは、決して短期に実現可能なことではなく、今回世界から評価を受けている日本の文化は長い歴史のなかで創り上げ、積み重ねられることで形成された強固な財産であると考えられることです。
私は、仕事を通じて、主に経済分野において、人と組織の成長に関わる仕事をさせていただいていますから、現実の中から、何をどう見い出し、どんなメッセージを発し、どんな行動をしていくのかが非常に大切だと考えています。
例えば、ソニーのストリンガー会長は、ウォールストリートジャーナルに寄稿し「日本人が持ち前の気骨と断固とした心持ちでこの試練と痛ましい犠牲から以前よりも力強く立ち上がるとわたしは確信している。新たな目的意識とともに。」とメッセージを発しています。また彼はCNNのインタビューで、「東日本大震災からの日本の復興努力は日本経済の活性化につながる可能性がある」との見方とそのいくつかの根拠を示しています。これは、我々一人一人が、今何を見出し、どんなメッセージを発し、どんな行動をとっていくのかが重要だということを感じさせてくれる良い例だと考えます。
ブランチャードサミットから帰国し東京に戻り、この日本経済の中心の地において、原発の不安、計画停電による不安、物資不足による不安(それによる買占め)などが、人々を覆っていることが改めて認識されました。そんな中、今私たちに何ができるのか?そこでまず、ブランチャード博士の「Lead with LUV」と「9つの愛の構成要素」の共有を通じて、我々の中に長年培われてきたすばらしい文化や価値観を再認識し、さらに徹底、強化し、日本の復興に役立てていくことができればと考えたしだいです。