異文化調理人薫子のコラム~グローバル人材 vs 日本人の美学

皆さん、こんにちは。
私は今までのコラムで日本人の英語力の無さを嘆き、日本人ももっと中国人のようにがんがん前に出るべきといったようなことを書いておりましたが、最近少し考えが変わってきています。
私のミッションである「グローバルな人材を育成する」の「グローバルな人材」とはどういう人材なのか。ただ英語がペラペラ話せて外国人にズバズバ物を言える人であればいいのか。そういう日本人が日本に増えることは、日本にとって、ひいては世界にとっていいことなのか。そんなことを自分に問いかけ、考えています。
先日、ある日本の企業で、グローバル人材育成プログラムの一環として、全部英語で研修を行いました。研修の最初に「英語で自己紹介と近況報告して下さい」と言うと、しばしの沈黙の後、みんな恥ずかしそうに「My English is not so good…I have no special news…」と話し始めました。
自己アピールが大切なアメリカで同じような質問をすると、自分がいかに素晴らしい仕事をしていて、素晴らしい休暇を過ごしたかという「すばらし合戦」が始まることがあります。
日本人の奥ゆかしさ、控えめな姿勢は美しいものであり、こういった日本人の美学が「グローバル人材育成」の波の中で失われたらもったいないと感じました。
今日本企業で行われている多くの異文化研修は、英語で自分の意見をはっきり伝える、自分をアピールする、といったところに焦点があたっています。確かに、外国人が日本人と仕事をしていて一番悩むのが「日本人はミステリアス。何を考えているのかわからない」という点なので、英語で自分の意見をしっかり主張できることは、ビジネスを進めていくには大切です。でもそういう自己主張の強い日本人が多い会社で仕事するのは疲れるだろうなと思いました(自分がそういう外国人が多い会社で仕事していて疲れているからかもしれませんが)
必要な場合は外国人と丁々発止のやりとりができるけど、普段は日本人の美学を失わない。そんな日本人を応援したいし、自分自身、そういう日本人になりたいと思います。また、海外で「日本人と効果的に仕事をするための研修」を行うときは、奥ゆかしさといった日本人の美学をどんどん紹介することで、外国人にもその良さをわかってもらい、取り入れてもらう、というのが、最近の私の密かな願いです。